痛風治療薬・高尿酸血症治療薬@通販

痛風治療薬・高尿酸血症治療薬@通販では、病院でも処方されている痛風や高尿酸血症などの治療薬を処方箋なしで通販することができます。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

尿酸降下薬
5件の商品がございます
表示件数
並び替え

尿酸降下薬

尿酸降下薬とは、血中の尿酸値を下げるための薬です。体内でプリン体が代謝されると古いプリン体は分解されます。その際に発生する老廃物が尿酸です。通常であればこの尿酸は腎臓から尿中に排泄され、体内に一定量以上蓄積しないようになっています。そのため、血中の尿酸値は健常人では低い値にコンロトールされていますが、プリン体の取りすぎ、あるいは肥満などで体内で発生するプリン体が多いと、血中の尿酸値も上昇してしまいます。これが高尿酸血症です。尿酸は水に溶けにくいため、血中あるいは尿中の濃度には限界があり、それを超えると溶けきれなくなって結晶が析出しはじめます。析出された尿酸の結晶は身体の様々な箇所に沈着していきますが、特に沈着しやすいのが関節です。関節に沈着した結晶が急激な尿酸値の変化や運動などで剥がれ落ちると激痛を伴う痛風発作が起きます。また、尿中で結晶が沈着すると尿路結石につながります。高尿酸血症の症状が出た場合には、尿酸降下薬での尿酸値をコントロールするのが有効な治療方法とされています。 尿酸降下薬には、プリン体から尿酸の生成を抑制する尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬と、尿酸の尿中排泄を促進する尿酸排泄促進薬があり、症状に合わせて選ぶ必要があります。基本的には尿酸排泄低下型の方には尿酸排泄促進薬を、尿酸産生過剰型に対しては尿酸生成抑制薬を服用するのが推奨されています。

尿酸降下薬を用いた治療

尿酸降下薬には、体内で尿酸が生産されるのを抑制する尿酸産生抑制薬と、血液の中の過剰な尿酸を体外への排出を促進させる尿酸排泄促進薬の2種類があります。尿酸産生抑制薬は、体質的な腎臓の問題や、過度の飲酒・病的な原因による腎機能の低下によって尿酸が排出されにくい「尿酸排泄低下型」の方に適した薬です。体内で尿酸が生産されるのを抑制することで、血中の尿酸値をコントロールする働きをします。 尿酸排泄促進薬は、プリン体を多く含む食生活、飲酒、体質的などの問題から体内で尿酸が生産されやすい「尿酸産生過剰型」の方に適した薬です。体内に貯留した余分な尿酸を排泄によって体外へ排出させます。 また、どちらの状態も併発している「混合型」の方は尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬を組み合わせた治療が効果的とされています。 すでに尿酸が結晶化し痛風発作がある場合、早く痛みを取り除いたいと多くの方が思うでしょう。しかし、痛風発作は沈着した尿酸の結晶が剥がれ落ちる際に激痛が生じます。急激な尿酸値の低下や、結晶の溶解は身体に大きな負担をかけてしまいます。症状に合った尿酸降下薬を服用して、長期的な治療で徐々に沈着してしまった結晶を排出し、尿酸値を正常値に戻すことが重要です。

高尿酸血症・痛風の原因と対策

血中の尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症です。この状態になると身体のさまざまな箇所に異常が起こります。過剰な尿酸が関節に溜まって結晶化すると腫れや痛みを発します。これを痛風といいます。また腎臓に溜まると結石化し尿とともに流れていき尿管に詰まると尿路結石となり、背中からわき腹にかけて激しい痛みが生じます。このほかにも血液内に尿酸が過剰になると高血圧症や動脈硬化症などの生活習慣病を発症させる要因になります。高尿酸血症の治療には尿酸降下薬が用いられ、体内の尿酸値をコントロールすることで高尿酸血症の改善をします。また、関節など体内に沈着してしまった尿酸の結晶・欠席を排出させてくことで痛風発作を治療します。薬以外にも生活習慣・食生活の改善など他の対策と合わせて行っていくことが必要です。

尿酸降下薬のジェネリック

高尿酸血症は、継続すると腎臓に悪影響を及ぼしたり、痛風の発作が起きます。治療には尿酸降下薬を服用して尿酸値のコントロールを行う方法で長期的な治療を行うのが一般的です。長期的な治療のためには定期的な通院が必要ですが、長時間の診察待ちや、診察料、薬代など、治療にかかる費用ならびに時間的な負担を気にされる方も多くいらっしゃいます。尿酸降下薬には古くから長く用いられている薬も多く、それらの長期的な服用にあたっては「有効成分が同じで、より安価な製品」であるジェネリック医薬品の利用することで治療費を抑えることが可能です。尿酸降下薬のように長期的な服用が必要な薬だからこそ、経済的・精神的な負担を軽減したいというお客様は、ぜひお試しください。

尿酸降下薬の副作用

尿酸降下薬の副作用として、尿酸排泄促進薬は常に尿路結石の発現に注意が必要です。成分によって副作用は異なりますが、溶血性貧血、肝壊死、アナフィラキシー様反応、肝障害などが報告されています。尿酸生成抑制薬は腎不全の方は過敏性血管炎を起こす可能性があり注意が必要です。こちらも成分によって異なりますが、肝機能障害、アナフィラキシー様反応、皮膚粘膜眼症候群、再生不良性貧血などが報告されています。いずれの場合も、尿酸降下薬に含まれる成分によって起きる副作用に違いがあります。尿酸降下薬を服用する前に必ず添付文書をご確認の上、副作用を確認してください。

尿酸降下薬を用いる際の注意点

尿酸降下薬の服用には、いくつかの注意点があります。高まりすぎた尿酸値を下げるにあたっては腎臓の機能が重要になりますから、特に腎臓病などの持病がある場合には、服用前に医師に相談しましょう。通常の量を減らすなど症状によって対応が異なります。持病や既に服用している薬がある場合には、尿酸降下薬の服用・併用を医師に確認してください。また、尿酸降下薬の服用開始直後は一時的に尿中尿酸排泄量が増加したり、薬の作用により沈着した結晶が剥がれ落ちることで痛風発作独特の痛みが生じる場合があります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県