痛風治療薬・高尿酸血症治療薬@通販

痛風治療薬・高尿酸血症治療薬@通販では、病院でも処方されている痛風や高尿酸血症などの治療薬を処方箋なしで通販することができます。いずれの商品も必ずお薬の効能・副作用・使用方法をよくお読みになって正しくご利用くださいませ。

アロプリノール
5件の商品がございます
表示件数
並び替え

アロプリノール

高尿酸血症とは血液中の尿酸値が高いことです。血中尿酸値が1dLあたり7mgを超えると尿酸値が高いとされる目安になります。高尿酸血症をそのままにすると、体内の尿酸が結晶化・結石化し、痛風、尿路結石を併発する他、腎障害、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因となるため、早期に治療をする必要があります。 アロプリノールは高尿酸血症の中でも、尿酸排泄量は正常なのに尿酸産生量が多い尿酸産生過剰型の人に有効な尿酸降下薬です。アロプリノールの作用により、尿に排出される尿酸も減るので、尿路血石を合併している人にも有効です。また、痛風関節炎や痛風結節の治療にもアロプリノールが用いられています。尿酸産生過剰型の高尿酸血症の治療には、プリン体を多く含む肉やビールなどの食生活を改善し、適度な運動などの生活習慣を見直す必要がある他、アロプリノールにより尿酸の生産を抑制し、尿酸の産生と排泄のバランスをコントロールするのが効果的です。

アロプリノールの作用

尿酸は元々核酸という物質で、それがプリン体になりピポキサンチン、キサンチン、そして尿酸になります。アロプリノールの作用には、尿酸の生成に重要なキサンチンオキシターゼという酵素の働きを抑制する効果があります。そのため、アロプリノールはキサンチンオキシターゼ阻害薬とも言われています。キサンチンオキシターゼの働きを抑制することで、尿酸の生成を抑え、血液中の尿酸値を下げる効果があります。これらの作用から、アロプリノールは高尿酸血症の中でも、尿酸の排泄量は正常なのに産生量が多い尿酸産生過剰型の方の治療に適した薬となっています。また、尿から排出される尿酸を減らすことができるので、尿路結石で悩んでいる方にも適しています。アロプリノールの作用が適応されるのは高尿酸血症以外にも痛風関節炎や痛風結節に効果があります。体内に蓄積された尿酸が結晶化して関節などに沈着し、それが剥がれ落ちる際に痛風発作といわれる痛みが生じますが、体内の尿酸をアロプリノールによってコントロールすることで、沈着した結晶や結石も徐々に体外に排出させます。

アロプリノールが有効な症状

アロプリノールは体内で尿酸が生産されるのを抑制する効果があり、高尿酸血症、痛風関節炎、痛風結節の症状に有効です。風が吹いても痛いことから「痛風」という病名となっていますが、痛風は血液中の尿酸値が高くなる高尿酸血症です。この尿酸が結晶化して足の親指などに溜まり、激しい痛みを引き起こします。痛風発作時は鎮痛剤で痛みを一時的に抑えることができますが、根本的な解決にはなりません。治療の基本は食生活の見直しや肥満の改善ですが、尿酸の産生が過剰であったり、尿路結石でお悩みの場合はアロプリノールによって尿酸値をコントロールして治療します。尿酸が減ることにより、高尿酸血症の症状が改善され、さらには体内に蓄積された尿酸結晶・結石が排出されるので激痛の症状も緩和されます。 尿酸の産生量は過剰ではないけれど、尿酸の排泄量が低下している尿酸排泄低下型の方はアロプリノールではなく、尿酸排泄を促す尿酸排泄促進薬が使われることが一般的です。

アロプリノールの副作用

アロプリノールは、高尿酸血症に対する薬です。高尿酸血症とはその名のとおり、血液中の尿酸値が高い状態で、痛風もその一つです。この薬には血液中の尿酸値を下げる働きがあり、ほかに尿路結石、がん化学療法による口内炎に人などに使う場合があります。 このような働きがある反面、副作用もあります。軽いものでは、一般的にどのお薬でも副作用と呼ばれる、発疹、熱感、胃の不快感などがあります。重いものでは肝障害や腎障害を起こす場合があります。肝障害では具体的に、尿が茶褐色になったり、黄疸が出たりというのが一つのサインです。腎障害のサインとしては、尿の出が少ない、むくみがあるといったことがあげられます。通常不要となったお薬の成分は尿となって体外に排泄されますが、アロプリノールは腎臓から排泄されるため、もともと腎臓に病気を持っている方の場合、副作用が起きやすくなってしまいます。もともと肝臓や腎臓に疾患のある方は十分に副作用への注意が必要です。用法容量を守って、正しく服用するようにしましょう。

アロプリノールの注意点

アロプリノールは尿酸を下げるお薬です。痛風や高尿酸血症に伴う高血圧の治療などに役立てられています。 服用の際は、いくつか注意点があります。飲み合わせに注意が必要な薬があるため、すでに服用している薬がある場合などは医師の指示に従う事をお勧めします。 アロプリノール服用に伴う副作用として主に、発疹や食欲不振、全身の倦怠感、脱毛等が挙げられます。また、重篤レベルの副作用もあり、その中でも間質性腎炎等の腎障害や倦怠感の増大、呼吸困難も見られる肝機能障害、腎不全、腎不全の増悪も認められる為、服用の際には、腎臓、肝臓の悪い方、高齢の方は医師との相談が必要になります。他にも、薬剤等との併用により相互作用があり注意が必要な場合もありますので、現在病気の治療中の為等、他に服薬されている場合にも医師との相談が必要になります。またアルコールの摂取は、痛風にも本薬にも悪影響があるため、基本的に飲まないようにして下さい。服用中も定期定期に血中尿酸値や副作用を確認することが重要です。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県